更年期障害

セサミンとビタミンE、抗酸化作用が高いのは?

強力な抗酸化作用を持つと言われているセサミンと「若返りのビタミン」と言われているビタミンE。
セサミンとビタミンEはどちらも抗酸化作用に優れた成分です。
どちらが抗酸化作用は高いの?と思うかもしれませんが、どちらも高い抗酸化作用を持っています。

セサミンとビタミンEは、働く場所が違うのです。
セサミンは主に肝臓で働く成分です。
肝臓は有害物質を分解したり、代謝をしたりする重要な機関です。

肝臓では活性酸素がたくさん排出されるので、セサミンなどの抗酸化作用で活性酸素を取り除く必要があります。
一方ビタミンEは体の細胞や血管において働きます。
活性酸素で酸化されてできる過酸化脂質。

老化を進行させる過酸化脂質ができるのを防ぐ働きをします。
その結果、悪玉コレステロールを減少させ、動脈硬化を予防・改善します。
さらにビタミンEは肝臓にも存在し、セサミンの働きで壊れることなく血液の中で働くことができます。

2つの成分のそれぞれの働きの効果を得るには、セサミンとビタミンEを同時に摂ることが必要です。
サプリメントなどでは、セサミンとビタミンEが両方配合されているものが多いですね。
そういったサプリメントを摂取することで、抗酸化作用もアップするのです。

                          

このページの先頭へ