更年期障害

セサミンのゴマリグナンの効果について

セサミンはリグナンという成分の一つです。
リグナンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用や抗炎症作用を持つと言われている成分です。
まや、腸内細菌によって女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われています。

ゴマに含まれているリグナンはゴマリグナンですが、セサミンと呼ぶこともあります。
ゴマリグナンの特徴の一つは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするということです。
その効果には、骨の生成に深く係わるため骨粗しょう症の改善、コレステロールを減少させ動脈硬化を防ぐ、さらに心筋梗塞などの心疾患を改善する効果もあると言われています。

さらに、ゴマリグナンは強い抗酸化作用を持つことも特徴の一つ。
肝臓まで直接辿り着くことができるという性質を持ち、肝臓に直接働きかけることのできる成分です。
コレステロールを低下させる働きや免疫力を高める働きもあります。

ゴマリグンは高いアンチエイジング効果を持つとともに、生活習慣病の改善や予防として役に立つ成分です。
ゴマリグンはゴマから十分摂取するのは難しいので、サプリメントなどを利用するといいでしょう。
セサミンとしてさまざまなサプリメントが出ているので、自分に合ったものを選びましょう。

                           

このページの先頭へ