更年期障害

セサミンの摂取が二日酔い予防になるのはなぜ?

お酒は飲んでいる時は気持ちがいいものですが、飲み過ぎると気持ち悪くなったり、頭痛がして不快な状態になります。
さらに次の日は頭がガンガンしたり、胸やけや吐き気がするという二日酔いに。
二日酔いはつらいものです。

この二日酔いに、セサミンが効果的と言われています。
二日酔いの原因はアセトアルデヒドという物質です。
また、ホルモン異常による脱水や低血糖、体の酸塩基平衡のアンバランス、メタノールや不純物などが複雑に絡み合って起こるのではないか、とされています。

アルコールが分解される速度は一定なので、そのペースよりも早い状態で飲んだり、飲むお酒の量が多いと肝臓で分解できなかったアルコールやアセトアルデヒドなどが血液の流れに乗って全身に回り、吐き気や頭痛といった症状を引き起こします。
そこで肝臓の分解機能を高めることで、二日酔いを予防することができます。
肝臓の機能が低下していると、その分アルコールの分解もできなくなり、二日酔いになりやすいのです。

セサミンは肝臓で発生する活性酸素を取り除くことで、肝臓の機能を高めると言われています。
肝臓にまでしっかり届いて働くのも、セサミンの特徴です。
二日酔いにならないためにも、日頃からセサミンを摂取していくといいでしょう。

このページの先頭へ