更年期障害

活性酸素を取り除いて若さを取り戻すセサミン効果

セサミンには強い抗酸化作用があります。
体内で活性酸素が過剰に増えると、細胞を錆びつかせ、組織を破壊し、細胞の働きを止めてしまうという悪影響があります。
その結果、肌荒れや内臓機能、運動機能の低下、白内障、物忘れ、血管の衰えなどが引き起こされます。

セサミンには活性酸素を取り除く働きがあります。
その働きが活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、組織が破壊されるのを防ぎます。
コレステロールを低下させ、血液循環をスムーズにして、代謝を促します。

特にセサミンが活躍するのは肝臓です。
肝臓は有毒物質を解毒したり、吸収された栄養素を別の成分に変換して貯蔵したり、分解してエネルギーを作ったりするとても重要な働きをしている器官です。
その肝臓には活性酸素がたくさん生まれます。

肝臓にはもともと活性酸素を取り除く機能があるのですが、年齢とともにその働きが低下し、活性酸素が増えてしまいます。
セサミンはそのような肝臓の活性酸素を取り除き、肝臓の働きを高めてくれるのです。
肝臓の働きが高まれば、疲労も回復しやすくなり、体にきれいな血液が循環されるようになります。
体に必要な栄養素の合成もスムーズに行われ、エネルギーも増え元気になることができます。
また、腸内環境も老化にかかわってきますので注意が必要です。
腸内環境を整えるには乳酸菌が良いと言われています。
乳酸菌てセサミン一緒に摂ることで、いつまでも若々しくいられますね。

↓セサミンの効果的な摂取方法
 

このページの先頭へ