更年期障害

セサミンのパワーで健康な肝臓になる

肝臓は私たちの体の中で、有害物質を解毒したり、栄養素などを貯蔵したり、エネルギーを産生したり、と私たちが生きていくために必要な働きをしてくれる臓器です。
そのため、活性酸素も多く、肝臓は必死で働いているのです。
肝臓にはもともと活性酸素を取り除くSODという酵素があるのですが、年齢とともにこの酵素も減少していきます。

セサミンは肝臓に増えた活性酸素を取り除く働きをします。
強い抗酸化作用のあるセサミンが、肝臓の活性酸素を取り除き、肝細胞を健康にして、肝機能の働きを高めるのです。
また、セサミンは途中で分解されたり、消えることなくしっかりと肝臓まで届き、肝臓内で活性酸素を取り除くという働きをします。

他の抗酸化物質が肝臓に届く頃には、肝臓で働くパワーが残っていないものが多いのです。
その中でセサミンは肝臓まで届き、しっかりと抗酸化作用を発揮します。
カロリーの高い食事やアルコールの飲み過ぎ、疲労、ストレスなど肝機能を弱める原因はいろいろです。

肝臓に負担をかけることには注意しなければいけません。
それでなくても年齢とともに肝臓の働きも低下します。
それを防いで健康な肝臓でいてもらうためには、生活習慣の改善とセサミンなどの栄養度を補給することが必要です。

↓セサミンの抗酸化作用で若返り

このページの先頭へ