更年期障害

セサミンの血液サラサラ効果について

セサミンの抗酸化作用が血管をきれいにするという働きがありますが、さらにセサミンには悪玉コレステロールを減少させ、血管の健康を保つという働きがあります。
よく知られているように、コレステロールには善玉と悪玉があります。
善玉コレステロールは、余分なコレステロールを肝臓に運び、血管にコレステロールが蓄積するのを防いでくれるものですが、悪玉コレステロールは増えすぎると血管壁に溜まり、血流を悪くして動脈硬化の原因となります。

動脈硬化は心筋梗塞や高血圧の原因になります。
悪玉コレステロールを減少させることは、とても大切なことです。
悪玉コレステロールを減少させ動脈硬化を防ぐには、脂肪分の多い食べ物を減らしたり、野菜をたくさん食べたりと、栄養バランスに注意する必要があります。

飲み過ぎや食べ過ぎもコレステロールを増加させる原因になるので、カロリーの過剰摂取には気を付けましょう。
それと同時に、コレステロールを低下させる働きのあるセサミンを摂取することで、効果がアップしますね。
さらに、コレステロールを低下させて血液をサラサラにするには、適度が必要です。
また、悪玉コレステロールを増加させる喫煙やストレス、睡眠不足などに注意した生活をすることが大切です。
                             

このページの先頭へ