更年期障害

セサミンは生理不順にも効果あり?

セサミンを摂取することで、更年期障害や肌荒れ、生理通の緩和などに役立つと言われています。
それはセサミンが女性ホルモンのエストロゲンの働きと似た作用があるからです。
女性の体は、女性ホルモンに支配されているといっても過言ではありません。

エストロゲンとプロゲステロンという、2つのホルモンのバランスで成り立っています。
しかし、加齢とともにエストロゲンが減少し、ホルモンバランスが乱れ、更年期障害や肌荒れ、骨密度の低下などが起こるのです。
エストロゲンの減少は、シワがシミを増やし、肌を乾燥させやすくします。

セサミンを摂取することで、抗酸化作用も手伝い、アンチシジングをすることができるのです。
また、更年期障害の頭痛や肩こり、腰痛、顔のほてり、発汗、イライラや不安感といった症状の緩和にもつながります。
また、生理痛や生理不順も女性ホルモンのバランスが崩れて起こるもの。

セサミンの働きで、女性ホルモンのバランスが取れれば、生理痛の緩和や生理不順の改善にもつながりますね。
さらにセサミンには、カルシウムや鉄分といった栄養素も含まれています。
そのため、加齢とともに起こりやすくなる、骨粗しょう症の予防や改善に効果があると言われています。
ホルモンバランを整えるにはマカhttp://xn--lck7e0871ax4c.com/hormone.htmlも大変おすすめです。
一度セサミンと組み合わせて飲んでみてください。

このページの先頭へ